地球の日

衣を通じて子供達と一緒に地球のためのSDGsアクション

Leaving no one behind

誰一人取り残さない
SDGs17-goals

地球の日で意識していること

私達の思考はざっくり 3つに分かれて広がっていると捉えます。

 例えば、私たちが何かものを加工する場合 まず原材料になる素材を入手します
 そして、その素材の状態を見たり触れたりしてどういう加工方法がいいのか判断材料にします
また いろいろ調べたり学び、どんな加工方法がいいのかを判断します。 

または
関わる方(他者)がどう?して欲しいのか?どうしたいのか?要望を聞き
 価値創造的な活動がまず
受信や認知からスタートします


 次にその自分が 取り込んだものを考えたり組み合わせたり覚えたりすると言う流れの過程があります
理解や練習記憶のステップです 

そしてさらに決める作る伝えるなどの
決定表現発信があります

こうした流れを経てから出されたものがアウトプットとして他人の目に触れることになります
 この単純な流れのように捉えがちですが 思考は 思考回路の中で働く流れは
単調な一方通行ではなく複雑に行ったり来たりするのが実態 価値創造は思考回路に広がりを持ち
その能力を 1点に向かって総合的に使える人が優れた アウトプットを出せる人です
例えば 優れたモノコトが生み出されるためには各能力に
どれか一つにたけているだけでは不十分でよりよく考えよく組み合わせることが必要だと考えました。

|広い視点で知ること

1、INPUT

各々見えている世界はとっても狭く多くの意見や考えを知ることで、選択肢が増え認識が深まり捉える視点が広がっていく、自分だけが描いた視点だけでなくもっと広い視野で捉える力を身につける。

|深く掘り下げる

2、思考から価値創造

視点を広げ、無意識でも感じる事が増え視野が広い視点で考えていくことが育っていく中で一段上の視野の世界で柔軟に対応していくことでアイデアの広がりも深まり表層だけでない行動のヒントが見つけやすくなっていきます。

|できることで行動

3、OUTPUT

様々な情報から取捨選択し、できるだけ偏った情報に左右されないような捉えた視点で自らできることを誰に言われなくとも行動に変えていける力を身につけていく。

三つの柱とは安定したバランスの思考創造

私達の定義として 

思考創造は 陰陽二元からではなく 
 三位一体のトリニティからくる
ネガティヴ、ニュートラル、ポジティブ をあるがままとらえる  三つを
1.抵抗しない 2.押し返さない 3.そのまま
  ■抵抗すると起こること 押し返すのはあなたがそう捉えたときに抵抗が生まれる   
そんな想いから地球の日へ子供達へ向けた活動

さらにこどもたちの未来に向け

thinking about thinking(メタ認知スキル)

広い視点認知を高め判断能力を養う

Conceptual think(本質原理掴む思考)

何かに意識を向けた瞬間、 過去の経験や知識と照らし合わせて、それが何であるかの本質をつかもうとする思考

Human skills(人間関係構築)

自分を知り続けて、己の役割を知り他者への分かち合い利他の心を育む

SDGs-mac

SDGs ACTION

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)